コンクールを終えて♬

夏の発表会の後、いくつかのコンクールやコンペティション(以降コンクールと省略)に学園の生徒たちが挑戦しました。

順位を決める為に審査される場であるが為に、戦々恐々としてピリピリするのがコンクール…

でも、このところ感じるのはそこではなくて

その厳しさの後ろにある

バレエを愛する“バレエ魂”のワクワク感

なのです♬

 

それはきっと

コンクール開催の目的と趣旨が

生徒たちの成長を本気で願っているからなのだ

ということが感じ取れるからです♬

 

一所懸命になって頑張っているうちの生徒や

他の出場者やその子の先生方…

演技を見つめる審査員の先生方や

たくさんのお母様方…

 

どこを眺めても

そこはかとなく楽しくて仕方ないのです♬

 

生徒たちの真摯にバレエと向かい合う意欲や姿勢を

先生方が真っ直ぐに導こうとされている強い思いが

大きなエネルギーで伝わってくる…

 

感謝しかありません♡

 

ところで

そもそも

本来コンクールは

上位…もっとも言うと優勝…を競えるくらいの実力と自信を付けてから出るべきもの

だと私は思っているので

予選を通過できるかどうか出てみないとわからない程度の実力ならコンクールに出るのはまだ早い!

と思っています😌

 

でもそれと同時に

次の効果をとても尊び大切にしています。

◎コンクールという目標に向けて集中して修練することで実力は自ずと上がる

◎意識向上と自覚が高まりバレエを通して人間力が上がる

 

なのでどんどん

試しに挑戦

して下さい😉

 

その上で予選に落ちようが

順位が低かろうが

今の実力が見えて良かったね💮

 

それしかなくて

 

全ては

佳っしゃ佳っしゃ😊

なのです。

 

 

以下報告です。

《コンペティ21》に出たのは小6のAnnoちゃん、
スワニルダ3幕に再チャレンジでした。

 

 

 

指導担当の佳香先生の報告によると、予選はちっとも“スワニルダ”を踊れていなかったと本人はとても悔やみ撃沈していた…と言うAnちゃんが、決戦ではのびのび笑顔で踊っていたとのこと。たくさんのアドバイスもいただきとても多くの学びがあったようです。

《フルール和歌山》に出場したのは中1のKanonちゃんとMamiちゃん

発表会でも踊ったバリエーションの学びを更に深めての再挑戦でした。

予選の出番直前にちょっとしたアクシデントが発生し動揺して真っ白になり不本意の出来となってしまったMamiちゃんは残念ながら決選に進めませんでしたが、努力賞を戴けました。決戦に進んだKanonちゃんは奨励賞を戴けました。

 

《JBC名古屋》に出場したのは高2のRinaちゃん。スワニルダ1幕のバリエーションを短期間で仕上げて臨みました。

 

 

 

メイクが仕上がってから場当たりまでの時間と、その後審査までの時間…何時間もずっと練習し続けるRinaちゃんの集中力と根気にとても感心しました。

ところが突然踊るのを止めたのでどうしたのかと思ったら…

トウシューズのリボンが取れかけていました。

見るとゴムも全部縫い付け部分がほつれてヤバい状態…!

審査直接前に気付いてよかったです( ´ ▽ ` )ノ

不備なく万全で舞台に上がるのも実力の内

 

結果は9位入賞✨

そして後日発表の特別賞が色々あり

来年サンクトペテルブルクで開催される公演への参加権とマスタークラス受講の参加権を戴けました。

次はユース🇺🇸グランプリなどなど

これからコンクールに挑む皆さん

“順位”や“賞”に一喜一憂…

それもコンクールの醍醐味ですが

やはりなんと言っても

舞台に立つことで自ら学び取る課題こそが

✨バレエの神様からの授かりもの✨

なのだと思ってくれたら嬉しいです🍀

 

 

 

 

 

広告

プログラム✨

今年の発表会はいつもより早いので、学生たちは試験シーズンでリハーサルのスケジュールと格闘しています。

かたや、夏休み前に学校の友達に整理券やプログラムが配れるというメリットもあります😉

表紙のデザインは先のポストカードと同じく修了生のYUMIKOです🌹

IMG_9101

IMG_9100IMG_9107

インターナショナル サマープログラム報告その2✨

短期留学中の2人は明日帰国します。毎日お母様に届くメールから写真を拝借しました。たくさんのことを学び本当に充実の楽しい久々だったようです。

本人たちからの報告もきっとあると思います。

IMG_9009

こちらは下のクラスのタイムスケジュール…みっちり充実していますね🎶 楽しそう!

IMG_9007

アンちゃん、一躍国際人です🎶

IMG_9008

カノンちゃんもアンちゃんも個人レッスンでバリエーション指導を受けたようです。

IMG_9010

ジャズダンスのレッスンの後、先生とパチリ✨

IMG_8985

カノンちゃん🎶思い出に残る一枚ですね✨

幼稚園課外授業のバレエ発表会💐に向けて

大阪のパドマ幼稚園さんとは私の母である先代の水野弘子先生が独身時代から…つまり私の年齢以上の永きに渡るご縁です。

昨日レッスンに行くと廊下の窓にポスターが貼られていました。

とても可愛い〜💕…ご父兄の手作りだそうです✨

第20回発表会⁈

《課外授業バレエ教室》という形に変わってスタートしたのは丁度20年前になるのですね〜。。。✨

特にアニバーサリーな企画にはしていないですが、今年も発表会前のこの時期は講師を増員しています。

課外授業の時間帯は、タフな園児とはいえ疲れと眠さですぐにダレダレになってしまいがちなので、キュッと集中して効率良く練習を充実させる為に、発表会前のこの時期には集中特訓が絶対必要です。

再来週はもう合同リハーサル、後あと一回のレッスンで仕上げなけれは!

少ない練習回数と流行り病による欠席者多数の状況を乗り越え、振り付けを覚えるのにかなり苦闘している生徒たちでしたが…

みんなどんどん士気が上がってきています✨

だからきっと大丈夫✨✨

とても楽しみです💖

 

 

 

 

 

img_6930

この一年✨

先日、朝のクラスレッスンの後、教師ミーティングを開き、一人ずつ日頃の報告や感じていることや意見などなどを話しもらいシェアリングしました。

ちなみに今水野バレエの本部教室と支部教室で指導に当たるのは

武並葉子先生、津地曜子先生、中小路薫先生、若狭真理先生、株田佳香先生、片山真瑛先生

の6人です。

若手から順番に…と急に振ったにもかかわらず、先生たちは生徒たちの様子の報告や主観をどんどん話してくれて、皆がそれぞれに生徒たち一人一人のことを思い、色々考えて、真摯に生徒たちに向き合ってくれているのだということが伝わってきます。

水野弘子バレエ学園は地道に少しずつ、確実に成長しています。それはこの先生たちの真摯さと誠意とハートのおかげ♡と、とても有り難く、そしてとても喜ばしく感じます!

先生たちの慮りが行き届いているので、バレエか大好きならどんなスタンスでも自分の成長に喜びを感じながら楽しく続けられる…そこが水野バレエの特色であり、いいところだと思っています。

そんな中、より高い向上心を持って励む生徒をスペシャルに指導するコースもあり、第二の金原里奈ちゃんが生まれるといいなと夢も広がります。

金原里奈ちゃんは昨年ロンドンのイングリッシュ・ナショナル・バレエ団に就職し、新進気鋭の若手ダンサーとして次々と活躍を続け、ついに今シーズンは「胡桃割り人形」の主役を踊る一人に抜擢されました✨

水野バレエは小さなローカルのバレエ教室でありながら、里奈ちゃんの活躍を知るたびに世界を感じてとても幸せになります!

世界中に幸せな人がたくさん増えますように!

来年は新年早々に新年会です!

ワクワクと楽しみなことにたくさんの思いを馳せながら、みなさまどうぞ良いお年をお迎え下さい♡

image

 

 

 

 

 

 

 

 

意欲満々の秋🍁✨

この写真は発表会前のリハーサルのスナップですが、今見ると幼いなぁと思えます。

今、クリスマス・バレエ・フェスティバルのリハーサルを重ねていますが、伸び盛りのジュニアとエレメンタリーI・IIクラス生たちは本当に目覚ましい成長を見せています。

特に益々意欲に燃えて(萌えて?)頑張っているこの四人は、水野バレエから巣立って渡欧し本格的にバレエを学びプロとなって大躍進中✨の大先輩である金原里奈ちゃん✨に熱狂的に憧れています。先日はスタジオミューズで開催されたユース・アメリカ・グランプリの一環で開催されたワークショップに参加してルカ先生のレッスンを四人揃って受けてきました。そのうち二人は明日からのYAGPに出場します。

佳香先生が英国から帰って来てから城陽本部教室をメインに各クラスの指導をしてもらっていますが、漸くその成果が今、目に見えて現れていて、それは城陽本部のみならず他の支部教室の生徒たちの意欲向上とも繋がっていると感じます。とても喜ばしいことです。

就職でレッスン回数が減ったり来れなくなっている上級生たちの少し下の世代が今盛り上がりつつあり、新たな層が生まれています。今回ユースに出る二人や応援している仲間たちも、のどかにぬくぬくと育っているので、きっと世界を見据えて頑張っている他の出場者のレベルの高さにポジティブなカルチャーショックを受けることでしょう。そこから新たに生まれる力があるはずなので、それも私は楽しみです。

ローカルな小さなバレエ学園から第二の里奈ちゃんが育つことを願い、佳香先生の指導に期待をかけています✨

素敵なカフェを紹介します🍅

城陽スタジオを建てる時にお世話になった東本建設さんが最近カフェを始められた様子…気になっていたので今日ふと立ち寄ったら、社長の奥様が居られたので声をお掛けしました。なんと次女のミッちゃんがオーナーでした!

ミッちゃんはかつてお姉さんのヤッちゃんと一緒に中学生くらいまで水野バレエで習っていました。あれからかれこれ…10年以上軽く経っています。すごく大人しくてシャイだった印象が残っていますが、とても美しく明るい素敵な女性になられていました。

最近懐かしい人にかなり久方振りに再会するような機会がとても多いのですが、本当にみんな見違えるように素敵なヒトになっていてワクワクします。

この頃私は時の流れが不思議に思えてなりません。本当にそんな長い年月が経ったような気がしないのです。途中で適当にアップロードしているだけなんじゃないかな…そんな気がしてなりません。

ならばできるだけ気にいる状況へとポンと軽やかにバージョンアップするといたしましょう😊

 

 

日本橋高島屋美術画廊へ截金ガラスの鑑賞に行きました✨

先日茜ちゃんから個展の案内と図録が送られてきました。写真で観る数々の作品のあまりの素晴らしさに感激しました✨

彼女の個展が日本橋高島屋美術画廊で5/25〜5/31まで開催されていたので、どうしても直に観たかった私は某日日帰りで行ってきました。

茜ちゃんはかつて大人のバレエクラスでレッスンに励み、水野バレエの衣装担当の社員として在籍し作製やメンテナンスや管理を担当して下さっていました。

その茜ちゃんがある時ガラス工芸を勉強したいと言って水野バレエを退社して金沢の大学で学び、その後彼女は元々素養のあった截金の技術にガラス工芸を組み合わせた独自の技法を編み出し、現在は唯一無二の存在として脚光を浴びています。

50点に及ぶどの作品も息を飲むほどに美しく、言葉では表現しきれません。それが全て初日に完売したとか…‼️

さすがです✨

これからも益々の邁進を期待し応援しています(^。^)💖

 

 

 

 

KBS京都のラジオカーリポーターに🌹

昨日OBの井川茉代ちゃんがひょっこり学園に顔を出してくれました。

数年前にアナウンサーとしてあるプロダクションに就職した茉代ちゃん。明るくてよく通る晴れ晴れな声は天下一品で✨とても期待しています😊

一昨年の日本バレエ協会関西支部バレエ芸術芸劇場のカゲアナを務めたこともあります(会社からの偶々の派遣だったとのこと)。

着々とその存在感は高まり、ついにこの春ラジオカーのリポーターに採用されたと報告しに来てくれたのでした✨

とても嬉しいです💝✨

KBS京都radioの看板番組のひとつと言える《森谷威夫のお世話になります》という長寿番組のニューフェイス リポーターとして、井川茉代(いかわ まよ)という本名で月曜、水曜にレギュラーで務めています。

登板がスタートした当初は、これまでよりもワンランク高いレベルのことを要求され、それに応えなければならないことがとても大変だったそうです。

それだけ見込まれている証拠だと感じます😊

がんばれ茉代ちゃん✨きっときっとまだまだビッグになれる❣️

皆さん、良かったら聴いてくださいね☆〜(ゝ。∂)

末長くどうぞよろしくお願いします♡

今後の進化変容が益々楽しみです✨

 

 

 

 

image